投資

【積立NISA】どこで口座を開設する?運用スタイルで証券会社を決めよう

はるるん
はるるん
こんにちは!楽天証券で積立NISAをしているはるるんです!

積立NISAを始めようと思った時、どこの銀行または証券会社で口座を開設しようか悩みますよね。

今回は

NISA口座を開設するならどこがおススメ?

証券会社別のメリット・デメリットを紹介します。

積立NISAを始めるまえに

NISA口座は1人につき、1口座までしか作ることが出来ません。

しかしもし仮にNISA口座を作った後に別の銀行または証券会社に変更したい!と思ったら変更は可能です。

自分の投資スタイルに合わせてNISA口座を開設しよう

NISA口座はどこで作るかによって

  • 取引手数料
  • 最低積立金額
  • 積み立て頻度
  • 投資信託の取り扱い本数
  • 投資信託以外への投資

等が変わってくるので、自分がどのように運用していきたいかを考えてNISA口座を作りましょう。

銀行や郵便局のNISA口座は、実際に窓口で相談できることや預金口座と一括管理ができること等メリットがあります。

しかし、NISAの少額で複数の投資信託に分散させる事でリスクを減らせるという良さが最大限に利用できないので、ここでは証券会社のみをご紹介します。

 

積立NISAおススメの証券会社を比較してみた

積立NISAができる証券会社はなんと60社以上もありますが、その中から投資信託の取り扱い本数の多さ・取引手数料の安さ等から厳選した上位5社を比較していきます。

SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券
手数料無料無料無料無料無料
ファンド数151151148150147
積立金額100円以上100円以上100円以上500円以上100円以上
積立頻度毎日、毎週、毎月毎日、毎月毎月毎月毎月
ミニ株S株なしワン株プチ株なし
ポイントなしポイントが付く/ポイント利用なしなしポイントが付く/ポイント利用

 

はるるん
はるるん
このグラフを参考にして、ランキング形式で証券会社別の強みを紹介します

おススメの証券会社ランキングBEST5★

証券会社ごとのメリット・強みをランキング形式で解説していきます。

はるるん
はるるん
ザッと見でメリットが分かるようにしてます。気になる証券会社があったら「詳細ページ」をクリックしてね♪

ランキングは個人的な見解なので、参考程度にして下さいね(*^_^*)

1位 SBI証券
口座開設数NO.1安定のSBI証券。取扱い銘柄も圧倒的に多い
評価
投資信託本数NO.1つみたてNISA対象の投資信託をほぼ取り扱っている
「カートつみたて」機能が便利複数銘柄の積立設定が一括でできる。NISAの投資可能枠が一目瞭然
投資信託以外も豊富低リスクハイリターンのIPOもNISA枠で購入できる

詳細ページ公式ページ

SBI証券は、100円~積立が可能となっていて、少額から始めたい初心者の人におススメ。また外国株等、投資信託以外にも投資していきたい人にも向いている証券会社。特にIPOの取り扱いも非常に多く、口座開設に悩むならSBI証券は間違いない無し!

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

2位 楽天証券
楽天ならではの強みが満載!ポイントで投資が出来るのが魅力的!
評価
投資信託本数が多いSBI証券と同等の取扱い本数がある
マネーブリッジで金利優遇楽天証券×楽天銀行で年0.1%金利がつく(100万円預金で年1,000円)
楽天カード決済が得購入した投資信託の引落しを楽天カードにすると100円で1ポイントが付く

詳細ページ公式ページ

投資信託本数が多く、売買手数料が無料なのはもちろんの事、特に楽天証券の強みは楽天カード・楽天銀行を利用することで最大限に発揮できます。

積立NISAでポイントをゲット出来て、そのポイントで投資が出来るのでお金を使わずに投資ができるのが魅力です。

 

3位 松井証券
 
サポート体制が万全の松井証券。積立NISAと合わせてロボアドバイザーを利用できる。
評価
投信工房が魅力松井証券のみ、積立NISAでロボアドバイザーが活用できる
サポートが充実24時間電話受付可能/リモートサポート有り
松井証券ポイントがあるAmazonギフト券や各種商品と交換ができる。限定された投資信託にポイント投資が可能

詳細ページ公式ページ

積立NISAでロボアドバイザーを活用できるのは松井証券のみ。8つの質問に答えるだけで自分に最適な投資信託を自動で選んでくれる♪

またサポート体制が充実しており、24時間電話での受付が可能なことやパソコン画面共有で説明を受けられるリモートサポートがあり安心!

4位 マネックス証券
月100円~の少額投資が出来る。買付手数料が無料なのも魅力。
評価
手数料が安さキャッシュバック制度を利用でgoogleやapple等注目の米国株取引が実質手数料無料になる
外国株式が豊富米国や中国などの外国株式の取り扱いが豊富
IPOIPO銘柄の取扱いが多く、抽選権が完全平等抽選方式

詳細ページ公式ページ

マネックス証券は国内株式の売買手数料に加えて、米国や中国などの海外株式の買付時国内手数料が実質無料ででき、売却時は5米ドル~と圧倒的な安さ。

IPOの取扱いも豊富で、証券会社TOP5の取り扱い実績と全ての人に平等にチャンスがある完全平等抽選方式を取り入れていて、IPOに申し込む人に欠かせない証券会社です。

 

5位 カブドットコム証券
NISA口座で株が購入でき、手軽に株式取引を始められる。
評価
プチ株制度単元未満株を購入、積立が出来る
積立がどこでも出来るスマホ、タブレットでも積立の設定ができる
即日出金できるゆうちょ銀行以外の金融機関で100億円未満の即日出金ができる

詳細ページ公式ページ

カブドットコム証券は、国内株式の買い付け手数料が無料。それだけでは上位の証券会社とは劣りますが、普段ではまとめて買うしかない株も単元未満で購入することが出来るのが魅力の一つです。

また、ゆうちょ銀行以外での即日出金が100億円未満可能と、大口の取引ができる方にお勧めの証券会社です。

 

まとめ

証券会社それぞれに違う魅力があるので口座開設には悩みますよね。

どのように運用していきたいか。投資信託のみを運用していくのか、株にも投資していきたいか、自分で投資信託を選ぶ手間を省きたいのか。。。などなど

自分の運用スタイルによって、NISA口座を開設してください☆

  • 安定のSBI証券で開設する⇉SBI証券
  • 楽天ユーザーに最強な楽天証券で開設する⇉楽天証券
  • 面倒な投資信託選びも自動でできる松井証券で開設する⇉松井証券
  • 完全平等システムでIPOにチャレンジできるマネックス証券で開設する⇉マネックス証券
  • 大口の投資が出来るカブドットコム証券で開設する⇉カブドットコム証券

 

はるるん
はるるん
ちなみに私は楽天証券を選んだよ!

楽天証券×楽天カード×楽天銀行は最強!!

 

\応援よろしくお願いします/

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です