投資

【初心者向け】初めての投資はつみたてNISAがおススメ

 

2018年1月に新たに始まった「積立NISA」

株の投資をやってみたいけど怖い!

出来るだけ損をせずに投資をしてみたい。

という方におススメです。

 

こんな人におススメの記事
  • 株初心者でつみたてNISAに興味がある
  • 銀行に預けても増えないから、運用してみたい
  • 少額であまり損はしたくない

 

はるるん
はるるん
私も少額ですが、運用しています

 

つみたてNISAとは

2018年1月に始まったばかりのつみたてNISA。

日本に住む20歳以上の人であれば、誰でも利用することが出来ます。

年間40万円までの投資にかかる運用益が非課税になる制度です。

非課税となる期間は20年間あり、長期投資をするのに適しています(^o^)丿

  

♡ここがスゴイ♡

つみたてNISAは運用開始から20年間、利益が出たとしても税金はかからない!

 

つみたてNISAとNISAの違い

「つみたてNISA」は最近出来た制度ですが、以前からあるNISAとの違いをグラフにまとめました。

NISAつみたてNISA
年齢20歳以上の人
金融機関の変更年単位で可能
資産の引き出しいつでも可
投資タイプ10年未満の中期投資向け20年未満の長期投資向け
非課税枠年間120万円年間40万円
投資総額600万円800万円
非課税期間5年間(※10年間)20年間
投資対象商品金融庁の基準をクリアした優良投信・ETF国内外の上場株式・投資信託・ETF

※ロールオーバーにより10年間可能

ロールオーバーとは、資産をA口座からB口座に移動させることで、あと5年非課税枠を延長できること。

 

はるるん
はるるん
NISAとつみたてNISAはどちらか一つしか開設できないから、自分に合う方を選んでね

なぜつみたてNISAの方が投資初心者におススメなのか

NISAで扱っている商品は幅広く、ほとんど全ての投資信託を購入できます。

ということは、リスクのある商品も中にはあるということです。

それに対し、つみたてNISAは金融庁の基準を満たした投資信託が対象になります。

商品はNISAよりも少なく、大きなリターンは難しいですが、リスクは少ないと言えます。

 

少額から投資を始めることができる

投資ってお金がたくさんないと出来ないイメージですが、

つみたてNISAは、100円から投資をすることができます!

また、毎月つみたてをしていて、来月はお金ないからやめとこー。も

可能なんですよね^^

楽天証券なら、楽天で貯めたポイントを投資に当てたりもできます\(^o^)/

 

はるるん
はるるん
無理のない金額で投資を始めることが可能♪

 

いつでもお金を引き出すことが出来る

つみたてNISAは、必要になったときにいつでもお金が引き出せます。

だから安心して投資を始めることができると思います♪

ただ、つみたてNISAは、こつこつ少額のお金を投資し、長期で保有することで

利益を出そうとしているので出来れば解約せずに持っていた方がいいかもしれません。

 

ここに注意
初心者はなるべくリスクのない、つみたてNISAで投資に慣れよう。

 

つみたてNISAのメリット

 

つみたてNISAのメリット
  1. 20年間どれだけ利益が出ても、税金はかからない
  2. 少額から投資ができる
  3. 投資信託でプロにお任せ!分散投資でリスクを抑える

 

①20年間税金がかからない(非課税)

投資をはじめようとするとき、一番に気になるのが税金ですよね。

 

茶々丸
茶々丸
投資興味あるけど、税金のこと考えるとめんどくさいからいいや。

 

と思って、投資をやめていた人もいると思います。

つみたてNISAは、20年間どれだけ利益が出ていたとしても、税金がかからないので気軽に投資をはじめることができます♪

 

②少額から投資ができる

上の「初心者におススメ」の所でも触れましたが、つみたてNISAはなんと100円から投資をすることができます(*^_^*)

ちょっと試しにやってみようかなって人におススメです。

 

③投資信託でプロにお任せ!分散投資でリスクを抑える

投資信託とは、簡単にいうと「投資家から集めたお金を専門家に任せて運用してもらうこと」

たくさんの投資家から集めたお金で、色々な投資先に運用することができます。

これにより分散投資ができることで、極端な値下がりを防ぎ、大きく損をすることは

ほとんどないです。

投資の知識がなくてもプロに任せられるので安心です。

 

つみたてNISAにはデメリットもある

 

これまでメリットをたくさん書いてきました。

「投資はじめてみようかな」って思ってくれた人もいるかも知れません。

 

でもちょっと待って!

 

デメリットも理解した上で、始めてくださいね(^o^)丿

つみたてNISAのデメリット
  1. がっつり投資をしたい人にはつみたてNISAは向いていない
  2. 元本割れのリスクはある
  3. 非課税の20年。投資可能期間は2037年まで

①がっつり投資をしたい人にはつみたてNISAは向いていない

 

  • 投資商品が少ない(金融庁が厳選した商品のみ)
  • 投資信託のみで個別株に投資できない
  • 非課税枠が年40万円しかない
  • 損益通算できない

4点デメリットを挙げてみました!

どれも投資の初心者の人には当てはまらないかも知れません。

例えば、「1年間で40万以上投資したい!」や、「A社の株を購入したい!」という人にはつみたてNISAは向いていません。(従来のNISAがおススメ)

つみたてNISA以外にも証券口座を持っている人は、損益通算ができないことを頭に入れておきましょう。

②元本割れのリスクはある

つみたてNISAはリスク少ないよーって言ってきましたが、もちろん投資なので元本割れのリスクはあります。

無理のない程度の投資でつみたてましょう(^o^)丿

 

③非課税の20年。投資可能期間は2037年まで

毎年最大40万円で最大800万円の投資が非課税になる!というのは、2018年につみたてNISAを始めた人のみ。

自分が始めた年から20年間非課税で投資ができるのではなく、2018年からの20年間が対象ということになります。

ということは、始めるのが遅い人ほど非課税枠は減っていってしまう。という訳なんです。

2018年につみたてNISAを始めた

⇒800万円の非課税枠(2018年から20年間非課税)

 

2037年につみたてNISAを始めた

⇒40万円の非課税枠(2037年から20年間非課税)

簡潔にいうと、

  • 2037年までつみたてNISAで投資ができる
  • つみたてNISAを始めた年から20年間は非課税

いつ始めても非課税枠の20年間は変わらないけど、非課税で投資できる金額に大きな差がでますよってことですね!

マイナス金利のいま、貯金よりも投資しよう

2016年から始まったマイナス金利。

銀行に預けていても、普通預金で0.02~0.09%程度の金利しかつきません。

貯金をしていてもお金は増えない。なのに物価は上がっていく。

お金の価値はどんどん下がっていってしまいます。

 

はるるん
はるるん
貯金だけでお金の価値が下がるというリスクがあるなら、少額でも投資ができる「積立NISA」をしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です