投資

【2019年11月】米国ETF運用実績を公開★

2019年の8月から積立NISAとは別に米国ETFへの投資もはじめました!

\2019年11月積立NISAの運用実績はこちら/

【2019年11月】積立NISAの運用実績を公開★ 私は2018年3月からコツコツと楽天証券で積立NISAで積立をしています。最初は毎月5,000円程度の積...
はるるん
はるるん
リべ大の両学長のYoutubeを参考に投資中です

 

\米国ETFについてのyoutubeはこちら/

 

この記事でわかること
  • 私が米国ETFで購入している銘柄がわかる
  • 米国ETFのリアルな運用成績がわかる

米国ETF購入している銘柄

現在、私が購入している銘柄は以下の通りでSBI証券で運用しています。

米国ETF
  • 高配当ETF【SPYD】
  • 高配当ETF【VYM】

上記2つを簡単に説明すると

SPYD

米国超優良企業500社集めたS&P500のうち、配当利回りの高い上位80銘柄に均等割合(1.75%ずつ)に投資をしていて、配当利回りが高く(4.5%前後)、トータルリターンが期待できる。

資産運用会社は世界第3位のステートストリート。

不動産/一般消費財・サービス/公益事業でほぼ50%近くを占めています。

業績別構成比率SPYD
不動産21.08%
一般消費財・サービス14.22%
公益事業12.82%
エネルギー10.88%
金融10.05%
情報技術10.04%
生活必需品8.38%
コミュニケーション・サービス4.60%
素材3.33%
資本財・サービス2.45%
ヘルスケア2.14%
VYM

構成銘柄が400と多く、セクターがまんべんなく分かれているので分散投資ができる。信託報酬が0.06%と低い。

上位のセクターの比率にあまり差がなく、消費財やヘルスケアは不況の時に強いETF。

業績別構成比率VYM
金融17.6%
消費財13.7%
ヘルスケア13.7%
テクノロジー10.8%
資本財9.7%
石油・ガス9.3%
消費者サービス8.3%
公益8.3%
通信サービス4.8%
素材3.8%

 

はるるん
はるるん
ざっくり説明するとこんな感じです

 

2019年11月の運用成績

では早速みていきましょう。

銘柄累計買付額評価額損益
SPYD202,350円213,058円+10,708円
VYM378,640円397,549円+18,909円

 

はるるん
はるるん
合計29,617円のプラスでした!

今後も積立て行く予定ですが、現在は株高とのことなので買付は一旦保留中で現金(キャッシュ)を頑張って増やしていき、株が下がってきたら買い増しをしていきたいと思います。

 

 

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です